カテゴリ:旅・ 宿( 93 )

福井の旅 その弐

料理宿「やまざき」さん 越前海岸にある本日のお宿です
f0227396_1405455.jpg
加賀近郊の古民家をそのまま移築した客室わずか6室のお宿
f0227396_14212281.jpg
二階の「こはく」が私達の部屋です
f0227396_146414.jpg
早速、越前くりや温泉の湯をいただきます 一階の大浴場(と、言っても6室のお宿ですのでお風呂もそれなりの大きさですが、、)
終始、貸し切り状態での〜んびり いいお湯でした〜
f0227396_14241417.jpg
夕食です
自家製梅酒を赤ワインで割った食前酒 蛸木の芽味噌和え 越前産穴子蒲焼(うまい!)真鱈昆布〆
f0227396_14445271.jpg
越前産真鱈白子ポン酢
f0227396_14503573.jpg
新鮮地魚盛り合わせ(烏賊 梅貝 海老 鰤 ハガツオ 真鯛炙り)美味しい〜!(これで一人前です、、)
f0227396_1458022.jpg
福井のお酒 黒龍の吟醸「なごり」 黒龍のお酒、すっきり辛口で好きですね〜
f0227396_1574340.jpg
虫かごではありません(笑)
f0227396_150114.jpg
旬の握り寿司 ノドグロ炙り他 ウマ〜(笑)
f0227396_153994.jpg
これでもか〜(笑)のお造り 越前カレイ氷鉢
f0227396_15141730.jpg
越前産ノドグロの熱々素麺 焼いたノドグロ、素麺出汁でいただく一品 美味しいです!
f0227396_15222111.jpg
写真撮り忘れ、、越前産虎魚(オコゼ)姿揚げ 食べましたよ〜頑張って(笑)ほんま、魚ずくしです〜 お腹一杯です〜

が、福井県産コシヒカリのごはんはいただきます(笑)
自家製沢庵 ミズベコ(正式名「ノロゲンゲ」の吸い物 越前で取れる深海魚で元々は漁師料理としてたべられていた魚だそうです
f0227396_15344974.jpg
自家製和三盆アイス 麦こがしがけ
f0227396_15363631.jpg
ご馳走様でした〜!    つづく、、
by macshuji | 2015-11-11 16:56 | 旅・ 宿 | Comments(0)

福井の旅 その壱

秋の紅葉を求めて相方と福井県の旅へ 名神高速大山崎icから今年全線開通した京都縦貫道〜舞鶴自動車道〜北陸自動車道
渋滞も無く快適なドライブで最初の目的地「永平寺」さんへ、、の前にお昼ご飯
門前のお店は混むみたいなので少し手前の国道沿いのお店へ

手打ちそば「りうぜん」
f0227396_15563552.jpg
相方は雲水そば 蕎麦つゆが地元で取れた「なめこ入り大根おろし」と「ジュンサイ入りとろろ」の二種類のお蕎麦

御膳の真ん中にあるのは貝のしぐれでは無くて古くから永平寺の精進料理「生ふ」で出来たしぐれです
やわらかくて味は貝のしぐれの味に似ています 美味しいです
f0227396_16122416.jpg
私はおろし蕎麦 大根おろしの程よい辛味でさっぱりして美味しいです!
f0227396_16124424.jpg
ご馳走様でした

曹洞宗大本山「永平寺」
f0227396_1775513.jpg
仏殿
f0227396_17163027.jpg
仏殿の奥に見えるのが法堂
f0227396_17175191.jpg
法堂からの景色
f0227396_17183432.jpg
「除夜の鐘」で有名な大梵鐘は重さが約五トンあるそうです
f0227396_17211174.jpg
お疲れさまでした〜

門前のお土産屋さんで福井のお酒「黒龍」の純米吟醸を一本買って今夜のお宿のある越前海岸へ、、、つづく
        
by macshuji | 2015-11-05 17:45 | 旅・ 宿 | Comments(0)

伊勢の旅 其の3-御宿「The Earth」〜MIHO MUSEUM

御宿「The Earth」さんの朝食です 炊きたての伊賀米コシヒカリ
f0227396_18413124.jpg
f0227396_18435486.jpg
美味しいです! ご飯三杯いただきました!
f0227396_18442842.jpg
ご馳走様でした!

御宿「The Earth」さんを後に帰路へ  途中、新名神高速道「信楽」icで降りて立ち寄ったのがこちら

MIHO MUSEUM
f0227396_1781788.jpg
f0227396_1762096.jpg
興味のある方は是非! 〜8月30日までやってます〜
f0227396_1731440.jpg
お疲れ様でした〜!!  ー完ー
by macshuji | 2015-08-13 17:28 | 旅・ 宿 | Comments(0)

伊勢の旅 其の2-御宿「The Earth」

本日の御宿「The Earth」さん
f0227396_14301324.jpg
ウェルカムドリンクの泡と和菓子をいただきます 優しいあずきの甘みと泡のアルコールにホ〜ッとします
f0227396_14332944.jpg
私たちは1階 南森町ご夫妻は2階です
f0227396_14571153.jpg
全16室に24時間いつでも入れる源泉掛け流しの露天風呂があります
f0227396_151762.jpg
とりあえずはほぼ貸切状態の大浴場で本日の汗を洗い流し温泉で疲れを癒して、、

夜の食事です 季節の食前酒と前菜 千代口 
f0227396_15502619.jpg
造り 中とろ・伊勢海老焼き霜造り・鯛・かんぱち スペインの泡 カヴァです
f0227396_15554198.jpg
吸い物 潮仕立
f0227396_15575831.jpg
強肴 黒鮑バター焼き 季節の野菜 肝ソース 柔らかくて絶品です! 美味〜!
f0227396_1694880.jpg
炊き合わせ
f0227396_16112779.jpg
合肴 いさぎたて焼き・太刀魚八幡巻
f0227396_16154614.jpg
焼肴 牛ロース 季節の野菜 胡麻だれ え〜お肉と焼き加減 絶品で〜す!
f0227396_16201193.jpg
〆はひじきご飯
f0227396_1622588.jpg
デザート
f0227396_16262191.jpg
ご馳走様でした〜!! 

で、本日は満月の夜 「The Earth」さんでは毎年4月から10月の満月の前後三日間に限り「満月の夜を楽しむ」イベントがあります
21時からの1時間、展望テラスから満月を眺めながらワイン(赤・白)や泡、おつまみがいただけます(無料です!)
f0227396_16503011.jpg
いい天気で海面が穏やかな夜は月の灯りで海に月の道ができます

泡をいただきながら満月をながめます 昼間は大阪と同じ様に猛暑でしたが、海からの潮風が心地よくてそれほど暑くはないです


最近手に入れたカメラで目一杯ズームした満月 うっそ〜みたいにピントもバッチリ! 月面クッキリ! 自分でもビックリ〜!!
f0227396_17302940.jpg
おやすみなさ〜い、、 つづく
by macshuji | 2015-08-07 18:00 | 旅・ 宿 | Comments(0)

伊勢の旅 其の1 伊勢神宮別宮「瀧原宮〜伊雑宮」

今年の伊勢の旅も”いつもの南森町ご夫妻”御一行様(笑)と一緒に車二台の旅です 
待ち合わせは第二京阪道「京田辺PA」そこから京滋バイパス〜新名神〜伊勢道〜紀勢道へ 
道中京滋バイバスで流れが少し悪かったのですがそれ以外は快適なドライブで最初の目的地 
紀勢道「大宮大台」icを降りてすぐの伊勢神宮「内宮」の別宮「瀧原宮」の駐車場へ 

先にそのすぐ隣りにある道の駅 奥伊勢「木つつ木館」にて軽く昼食
f0227396_17385592.jpg
私は松阪肉うどん 肉うま〜い!ええ出汁でてる〜!でも麺は伊勢うどんみたいに太くて柔い〜(笑) 
南森町のご主人 とろろ伊勢うどん
f0227396_17392049.jpg
ご馳走様でした

伊勢神宮内宮(皇大神宮)の別宮「瀧原宮」 二十年ごとの式年遷宮を終えて真新しい鳥居です
f0227396_183865.jpg
「瀧原宮」は伊勢神宮のある伊勢市の西部を流れる宮川の河口から40km上流の宮川支流大内山川が流れる度会郡大紀町滝原にあります

入り口の鳥居から大木が茂る神宮林に囲まれた参道を歩いて行くと静かに佇む四社があります
f0227396_11191671.jpg


瀧原宮 二拝二拍手一拝にて参拝
f0227396_1195586.jpg
真夏日です! 暑いです!
f0227396_1121488.jpg
f0227396_11222059.jpg
瀧原宮を後にして再び紀勢道に乗り伊勢道〜伊勢西icで降りて伊勢道路を走って別宮「伊雑宮」へ行くのですが、、

その少し手前の伊勢道路沿いに鳥居があります 天の岩戸(別名 恵利原の水穴)の入り口です 
車で細い道を進むと駐車場がありそこから歩いて行きます うっそうと茂る木立の脇を清流が流れています 

天の岩戸 とても冷たい霊水が湧き出でてます
f0227396_13535640.jpg
別名 恵利原の水穴 前まで行くと凄い冷風が穴の中から! 熱くなった身体が癒されます  
f0227396_13545026.jpg
ここから湧き出る霊水が「五十鈴川」となって伊勢神宮に流れ込むため地元では特に霊気の強い場所だと言われているそうです

車に戻って元来た道、伊勢道路を少し走ると次の目的地に到着します

皇大神宮(伊勢神宮内宮)の別宮「伊雑宮」 先ほどの「瀧原宮」とともに「天照大神の遥宮(とおのみや)」と呼ばれています
f0227396_152496.jpg
二拝二拍手一拝にて参拝 こちらの御社は一つです 真新しいです
f0227396_15221615.jpg
伊雑宮を後にして本日の御宿「The Earth」さんへ、、 つづく
by macshuji | 2015-08-06 17:59 | 旅・ 宿 | Comments(0)

四国の旅 愛媛県 その6

3日目の朝です
f0227396_1683646.jpg
ジュース三種(ほうれん草&蜂蜜・トマト・オレンジ&りんご)
f0227396_15264826.jpg
手前からじゃがいものポタージュスープ  いちじくジャム・チーズ・バター 
自家製パン五種(びわの葉入りパン・くるみの赤ワイン漬け入りのパン・クロワッサン・きび入りトースト・じゃばら入りパン)
*じゃばら(内子の特産品でゆずによく似た香酸柑橘の一種)
f0227396_15462858.jpg
五種類のパン それぞれ美味しいです!

有機野菜・自家製内子豚ベーコン(旨いっ!)・茸のソテー・温玉
f0227396_167581.jpg
愛媛みかんと柿
f0227396_1616879.jpg
ご馳走さまでした!

「オーベルジュ内子」さんをチェックアウト後、全国棚田百選の一つ「泉谷(いずみだに)の棚田」へ
車で30分程の道中の途中にある屋根付き橋
「常盤橋」
f0227396_1646126.jpg
歩行者専用で屋根を付ける事で橋の腐食を防いだり、農作物の保管場所として利用されていたそうです
内子町には他にもこの様な屋根付き橋が何箇所か残っています
f0227396_16532639.jpg
棚田はこの橋から五キロ程山道を走った場所にあります 
車1台通るのがやっとの道幅が多く前から車が来ない事を願いながらの運転 1台来ましたがすれ違える幅のある所でした

「泉谷の棚田」 泉谷地区農家(5戸)の方々が棚田を維持し守られています
f0227396_17345085.jpg
V字の谷です かなりの急斜面です!
f0227396_17283497.jpg
右側の棚田で赤いトラクターで作業されていますが田んぼの幅が狭いので落っこちないか気になって気になって、、
f0227396_17285146.jpg
田植え前の水を張った棚田はとても絵になるでしょうね!(特に夕暮れ時は、、)

棚田へ来る道では分からなかったのですが帰り道で場所が分かった
「紅葉ヶ滝」足下には落ち葉が一杯です
f0227396_17574755.jpg
小さな滝ですが癒されます

大阪へ帰る前にもう一箇所寄り道です
道の駅「内子フレッシュパークからり」
f0227396_11373334.jpg
新鮮な果物や野菜、特産品等が一杯です
f0227396_1139833.jpg
野菜等を色々買って大阪へ帰ります

松山自動車道「石鎚山(いしづちさん)」SAで遅めのお昼ご飯です
右のパネルにいてはる黄色い変な鳥(笑)は愛媛今治(いまばり)市で生まれたキャラクター「バリィ」さんです
f0227396_1355825.jpg
「バリィ」さんは焼き鳥のまち今治生まれ今治育ちのトリ 頭に来島海峡大橋をイメージしたクラウンをかぶり
タオル生地の腹巻きをし、手には特注の船の形の財布を持っている
趣味は食べ歩きと腹巻きコレクション 身長150cm・体重150kg・胴回150cm、、、だそうです(笑)

私はその今治風鉄板やきとり重
f0227396_1329579.jpg
相方は西条てっぱんナポリタン
f0227396_1332069.jpg
ご馳走さまでした!

淡路SA(下り)の大観覧車
f0227396_1418485.jpg
大阪まではあと少しです  お疲れ様でした〜!!
ー完ー
 
by macshuji | 2014-12-08 15:20 | 旅・ 宿 | Comments(0)

四国の旅 愛媛県 その5

ダイニングです 

「オーベルジュ内子」さんのホームページの画像です(昼間)
f0227396_15515771.jpg
ディナーは和蠟燭の灯りでいただくのでかなり暗いです 内子の食材を生かしたフレンチです

泡です
f0227396_160409.jpg
蒸しサザエ
f0227396_164474.jpg
内子豚のテリーヌ ドライいちじくと粒マスタード添え テリーヌ美味しいです
f0227396_1664251.jpg
コンソメロワイヤル 伊予原木椎茸 もち麦のバゲットもいただいてます(画像ありませんが、、)
f0227396_16104845.jpg
魚料理・河豚とホウボウそして団扇海老(ウチワエビ)のブイヤベース 
団扇海老、、ほんまウチワみたいな(笑)変な顔ですが味は美味しい海老です
f0227396_1627816.jpg
肉料理・雉子(キジ)のグリル 醤(ひしお)味噌のソース 
野生の雉子も出回るそうですが、いただいたのは坂道を走らされて育った雉子だそうです(笑)
f0227396_16315014.jpg
初めての雉子肉、、癖も無くあっさりとして美味です

口直しのトマトのアイスキャンディー
f0227396_17105660.jpg
スティックに巻き付いてる白いのがアイスです めっちゃトマトです!

メインの肉料理・内子牛のソテー トリュフのソース 柔らかくて旨っ!
f0227396_17173296.jpg
デザートはチョコレートのムース(春巻みたいな)とさつま芋のモンブラン
f0227396_17211379.jpg
和蠟燭の柔らかな灯りの下での食事 とても美味しくいただきました!
ご馳走さまでした〜!

コテージに戻って酔いを醒ましてからお風呂へ (「オーベルジュ内子」さんのホームページより)
f0227396_17365444.jpg

内湯とガラスの向こうの露天風呂 誰も居ません 夜の外は冷えてますが露天風呂いいですね〜!

つづく、、、
 
by macshuji | 2014-12-04 17:58 | 旅・ 宿 | Comments(0)

四国の旅 愛媛県 その4

2日目のお宿の場所は愛媛県喜多郡内子町五十崎(いかざき) 古くから木蝋や和紙の産地として栄えた内子 
その町並みを見下ろす丘の上(龍王公園内)にあります 今回の旅の目的のお宿です

このあたりの紅葉もそろそろ終わりです
f0227396_1751251.jpg
愛媛県内子/オーベルジュ内子

こぢんまりとした玄関 こちらの棟にはフロント・ダイニング・バー・温泉(大浴場と露天風呂)があります
f0227396_15471338.jpg
客室はコテージが5棟のみ 内子の伝統建築を元に「透き」をデザインし
f0227396_1653839.jpg
木や白を基調とした空間で
f0227396_1684817.jpg
全体に五十崎の和紙とガラスを使った開放感のある雰囲気です
f0227396_161997.jpg
f0227396_16195087.jpg
テレビや時計の無い非日常性と季節感を五感で体感できる場所
f0227396_16215798.jpg
f0227396_16225660.jpg
f0227396_16235963.jpg
夜のコテージ 和紙の障子から漏れる灯りがとても柔らかです
f0227396_1647388.jpg
夜ご飯の時間です 足元灯を頼りにコテージからの小路をレストラン棟へ
f0227396_165442.jpg

つづく、、、
by macshuji | 2014-12-03 18:00 | 旅・ 宿 | Comments(0)

四国の旅 愛媛県 その3

2日目の朝、6Fの部屋から見える松山城です ブッフェスタイルの朝食を済ませて出発です
f0227396_15381246.jpg
最初は予定に無かった目的地、ホテルから30〜40分の場所です

少し離れた駐車場に誘導され、そこからは専用の送迎バスで入口まで
f0227396_15563677.jpg
広い敷地です 森の中にあります 家族連れの人たちで賑やかです

相方のお目当てです  オランウータンのディディ君です
f0227396_1619247.jpg
12時のイベントが近づいたので塔のある部屋に移動です 食べているのはリンゴです
f0227396_16231385.jpg
イベントの看板です とても凛々しいです! 沢山の人が集まっています 
f0227396_16283057.jpg
始まりました! 左手が前で進むのでこの向きですが、逆光です
f0227396_16534122.jpg
素早いです
f0227396_16554859.jpg
 子供や母親達の歓声があがっています 「うわ〜!じょうず じょうず!」と
f0227396_173762.jpg
あっ と云う間に渡りきりました
f0227396_1763453.jpg
ご褒美のリンゴを持って塔の中間位にあるハンモックみたいな場所に収まりました(笑)
f0227396_1715052.jpg
収まったまんま動きません

こちらも動きの無いラクダです 
たまに口が動くだけです(過酷な砂漠育ちなので無駄な動きはしないのでしょうか?)
f0227396_17183693.jpg


とべ動物園を後にして松山自動車道へ 松山IC〜内子五十崎ICで降り本日のお宿へ

つづく、、、
by macshuji | 2014-12-02 17:58 | 旅・ 宿 | Comments(0)

四国の旅 愛媛県 その2

今回の旅の目的の一つでもある夜ご飯をいただくお店は「松山城ロープウェイ乗り場」の近くにあります
ホテルからは徒歩15分程

松山市駅前のイルミネーションと路面電車
f0227396_1632099.jpg
大阪の靭公園の近く、西区京町堀で8年間営業された人気のイタリアン
今年2月に閉店され、ご夫妻地元の愛媛県にて5月に新規オープンされました お店は大阪の時と同じく2階です
f0227396_16143075.jpg
「L'API」さんです
f0227396_16174715.jpg
シェフも奥さんもお元気そうです! 息子さんの事とか色々考えて地元に戻られたそうです

お料理はコースです
イタリアのスプマンテ プロセッコ
f0227396_16473214.jpg
付きだし・たらのコロッケ オレンジカリフラワーのピューレ
f0227396_16524639.jpg
石鯛のカルパッチョ 蕪とイチゴのソース 絶妙です! 美味しいです!
f0227396_16585278.jpg
原木椎茸のサラダ 椎茸の上には豚ホホ肉の塩漬け え〜塩梅です 
f0227396_173593.jpg
相生産牡蠣とブラウンマッシュルームの手打ちパスタ
f0227396_1781799.jpg
アコウ(ハタの仲間)と野菜の蒸し焼き
f0227396_17115719.jpg
デザート・私はミルクジェラート ピスタチオ風味とコーヒー
f0227396_17181533.jpg
相方はモンブランとハーブティ
f0227396_1719347.jpg
と相方の好きなカタラーナ サンブーカ風味をシェフがサービスしてくれました
f0227396_1722235.jpg
他のお客さんが帰られた後も色々お話させていただき遅くまでお邪魔しました
ご馳走さまでした〜! また機会があれば寄らせていただきます!

つづく、、、
by macshuji | 2014-11-28 17:55 | 旅・ 宿 | Comments(0)