狩野山楽・山雪展 その1

毎度お馴染み(笑)の”南森町ご夫妻”と四人で曇り空の京都七条へ
お目当ては”こちら”
f0227396_1426913.jpg
ですが、その前に”こちら” 浅井家ゆかりの「養源院」さん  

文禄3(1594)年に浅井長政の長女・茶々(淀殿)が、父の菩提を弔う為に夫である豊臣秀吉に願って創建されました
寺号の「養源院」は長政の法名から付けられたそうです
f0227396_14335190.jpg
場所は「三十三間堂」さんの東側です 遅咲きの紅八重枝垂桜がほんの少しですが残っていました
f0227396_14504778.jpg
元和5(1619)年に落雷にあい寺院は消失しますが、2代将軍徳川秀忠の正室となった三女・お江(法名・崇源院)
によって再建されました

ー境内のみどころー
「血天井」
養源院は伏見城の「中の御殿」から移築されたものが、今の本堂です
本堂の天井には血で染められた跡があります 
慶弔5(1600)年、伏見城落城の時、武将・鳥居元忠を筆頭に残った兵士380人余は「中の御殿」に集まって自刃し、
その後、養源院再興の際に元忠らの菩提を弔うため、床板が天井に上げられたそうです

「江戸絵画」
当時無名だった俵屋宗達が認められるきっかけとなった奇抜で斬新な絵が残されています
杉戸に描かれた『白像図』や『唐獅子図』等
また、この日のお目当ての狩野山楽の襖絵もあります

「うぐいす張りの廊下」
本堂の廊下を歩くと、うぐいすの鳴き声のような音がします
ゆっくりと静かに歩くとよい音がします

小さな寺院ですが浅井家とその時代の歴史に触れ合える「養源院」さん 興味のある方は是非

秋の紅葉は穴場です(2009年11月末撮影)
f0227396_16542479.jpg
で、すぐ近くの京都国立博物館です
f0227396_1742879.jpg
狩野永徳の弟子、狩野山楽と山楽の弟子、狩野山雪  見応え有りです!
興味のある方は是非  (〜5月12日まで)
f0227396_172781.jpg
つづく、、、
by macshuji | 2013-04-24 17:47 | 京都
<< 狩野山楽・山雪展 その2 市川和美 陶展 >>