<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

もんじゃ焼

週末、友人と三人で長居にある、お好み焼・もんじゃ焼の「百十(ももじゅう)」さんへ行って来ました
地下鉄御堂筋線「長居」駅から南へ徒歩5、6分位の我孫子筋沿いです
f0227396_14383747.jpg
粉もんには勿論?、、ビールです(笑)
f0227396_1443689.jpg
付きだし
f0227396_14545189.jpg
豚キムチ  辛いだけじゃぁ無くって旨いですョ〜!
f0227396_14554148.jpg
イタリアンなホウレン草サラダ
f0227396_14591556.jpg
一番のお気に入り「明太もちチーズ」
f0227396_15155654.jpg
おこげが美味しいです!
f0227396_15182024.jpg
カレースペシャル(豚・じゃが芋・コーン・チーズ・もち)
f0227396_1522356.jpg
f0227396_1523452.jpg
〆のガーリックライス いつも頂きますが、ウマいッ!です
f0227396_15311019.jpg
ご馳走さまでした
f0227396_15544288.jpg

by macshuji | 2011-05-30 18:15 | 粉もん・串カツ | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.7

ホテル「ベラビスタ境ガ浜」での朝ごはんです 
ジュース(オレンジ・アップル・グレープフルーツ)とコーヒー、紅茶はフリードリンクでセルフでした
和食か洋食を選べるので相方は洋食を、、(野菜のミネストローネスープ ポーチドエッグのせ)
f0227396_11361998.jpg
私は和食を、、(鯛の塩焼き・芋お粥)
f0227396_1145577.jpg
ご馳走さまでした
夜とは違う雰囲気です
f0227396_1439587.jpg
f0227396_14424417.jpg
f0227396_1447639.jpg
ホテル「ベラビスタ境ガ浜」をチェックアウト後、車で30分位の鞆の浦へ
f0227396_14571483.jpg
宮崎駿監督のアニメ映画「崖の上のポニョ」の舞台が、ここ鞆の浦だそうです
福禅寺対潮楼からの弁天島
f0227396_15253491.jpg
鞆の浦には古い町並みが残っていますが、その代表的な歴史的建造物がこちらの太田家住宅(重要文化財)
f0227396_16151176.jpg
元は福山藩の御用名酒屋を務めた”保命酒”の蔵元「中村家」の屋敷で、明治時代に「太田家」の所有になりました
保命酒(ほうめいしゅ)
f0227396_16535795.jpg
広島県福山市鞆町(鞆の浦)名産の薬用酒です 生薬を含むお酒であることから「瀬戸内の養命酒」とも言われますが
「養命酒」とは異なり医薬品ではありません
1659年から代々「中村家」が独占的に製造・販売を行っていましたが、明治時代には複数の業者が類似の保命酒を
製造・販売し、現在でも4社が造っています
「中村家」の保命酒は、地黄・当帰など13種類の生薬が用いられ、これに醸造成分の焼酎、もち米、麹を加えて16味として
正式名称の「十六味地黄保命酒」とゆう名になったそうです 
現在の保命酒は各社とも16種類の生薬が使用されているそうですが、、、

古い町並みにある「田淵屋」さんでお昼ごはん
f0227396_17271929.jpg
入りにくかったのですが、黒板の文字につられて入りました
「昔ながらの台所でお召し上がりいただくハヤシライスの店です」
f0227396_17382646.jpg
f0227396_17392527.jpg
そんなにお腹が空いていなかったので無理を言って一人前だけ注文しました
ですが、優しそうなおかみさん、わざわざ半人前ずつに分けて出して下さいました (恐縮です)
f0227396_17484799.jpg
半人前なのに普通位の量があります (うれしいですが、、、)
しかも、旨い!  お腹が空いてないはずが、、完食しました

先ほどの保命酒はこちらのお店で試飲させていただきました(四種類とも) 味は、、、養命酒、ですね!
f0227396_17571422.jpg
ご馳走さまでした

で、この後は、ぼちぼちと大阪へ帰りました〜
by macshuji | 2011-05-19 18:10 | 旅 宿 | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.6

二日目のホテル「ベラビスタ境ガ浜」での夜ごはんです
ホテルの中庭にある日本料理「双忘(Sobo)」
f0227396_11593190.jpg
カウンター席です 飲み物は日本酒で東北のお酒「限定16銘柄飲み比べ」から
山形県「高橋桜酒造」さんの純米辛口「東北泉」と宮城県「墨迺江酒造」さんの純米吟醸「墨迺江」
f0227396_14452199.jpg
先付・アスパラ豆腐
f0227396_14493839.jpg
造里・瀬戸内四種盛り(鯛・ケンサキ烏賊・蝦蛄・ニシ貝)
f0227396_14551686.jpg
八寸・近江蒟蒻・”めぶと”のぬた和え・つるつる若布・いかなご古瀬・牛肉昆布巻き・長芋山葵和え・空豆辛煮
f0227396_15233185.jpg
地元広島県「宝剣酒造」さんの純米辛口「宝剣」
f0227396_1514087.jpg
ただ辛いだけではなく 程よい旨味と香り、、、美味しいお酒です

焼物・合鴨ロース 筍添え
f0227396_15203229.jpg
箸休め・玉葱ステーキ じゃが芋の餡
f0227396_1527292.jpg
主皿・瀬戸内小鯛焼酢浸し
f0227396_15301781.jpg
初めて食べた料理です  炭火で焼いた鯛に温かいお酢をかけていただきます
美味い!です  炭火の香ばしさと鯛の身の甘味、温める事でまろやかになる??お酢の旨味でとても美味しくいただきました
ちなみにお酢は京都府宮津市の「飯尾醸造」さんのものだそうです

食事・黒釜炊き ほうじ茶としらす御飯
f0227396_16145644.jpg
f0227396_1617195.jpg
f0227396_16173157.jpg
美味しいです  おかわりして全部いただきました
デザート・紅芋パンナコッタ
f0227396_16205440.jpg
ご馳走さまでした
食事の後、もう一つのイタリアンレストラン「サデン」へ  お客さんが全て食事を終えられていたので写真を撮らせていただきました
f0227396_16344128.jpg
f0227396_163657.jpg
プールです まだ営業はされてませんでしたが水を入れてライトアップしてました
f0227396_16374687.jpg
プールの先は夜の海です
f0227396_17184882.jpg
つづく、、、
by macshuji | 2011-05-18 18:02 | 旅 宿 | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.5

宮島名物「うえの」さんのあなごめしを食べ終え、お土産屋さんが両側に並ぶ表参道商店街を通って「厳島神社」へ
f0227396_1174918.jpg
厳島神社のある厳島(宮島)は古代より島そのものが神として信仰の対象とされてきたと言われています
推古天皇元年(593年)御笠浜に社殿が創建され、平安時代末期(1168年)頃に平清盛が現在の社殿を造営しました 
平家滅亡後も源氏をはじめとして時の権力者の崇敬を受けてきました

厳島神社は1996年12月、世界遺産(文化遺産)に登録されました
f0227396_17365524.jpg
見事な社殿です!
f0227396_17404970.jpg
f0227396_15163860.jpg
二拝二拍手一拝にて参拝
f0227396_15412328.jpg
能舞台と大鳥居
f0227396_16161643.jpg
干潮時でしたので大鳥居の下まで歩いて行けます
f0227396_16262474.jpg
厳島神社でいただいたご朱印です
f0227396_17203392.jpg
厳島神社を後に再びフェリーに乗って宮島口へ  

山陽自動車道廿日市IC~尾道西ICで降りて二日目のお宿「ベラビスタ境ガ浜」
f0227396_17164233.jpg
翌朝に撮ったバルコニーからの一枚
f0227396_1729634.jpg
二日目の夕食につづきます、、、
by macshuji | 2011-05-17 18:26 | 旅 宿 | Comments(0)

長沢芦雪 奇は新なり

爽やかな五月晴れの週末、南森町の奥方と三人で滋賀県の信楽へ”遠足”に行って来ました
新名神高速信楽ICで降りてすぐの信号を右折するのですが、赤信号で止まっていると前方に沢山の人だかりが、、、
後で知ったのですが、その場所は今から二十年前(1991年5月14日)に起きた信楽高原鉄道列車衝突事故(死者42名、重軽傷者614名)の現場跡で、この日は節目の法要が営まれていたのでした ご冥福をお祈りします 
f0227396_11215399.jpg

信楽ICから車で15分位の「MIHOミュージアム」さんで展示中のこちらを観て来ました
f0227396_13322430.jpg
長沢芦雪(ながさわ ろせつ・1754−1799)は江戸時代の絵師で、偉大な師・円山応挙(1733−1795)に学び
穏健な師の画風とは対照的に大胆な構図、斬新なクローズアップを用い、自由奔放で奇抜な画風を展開した同年代の
曽我蕭白(そが しょうはく)、伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)とともに「奇想の絵師」などと言われた1人です
f0227396_14183968.jpg
「MIHO MUSEUM」は1997年11月に自然豊かな信楽の山中に出来た美術館です
建築設計は、パリ・ルーブル美術館のガラスのピラミッド、ワシントンのナショナルギャラリー東館などで
世界的に知られるI.M.ペイ氏によるものです
美術館棟とチケットインフォメーションやレストラン等があるレセプション棟に分かれています

先にお昼ごはんをレセプション棟にあるレストラン「ピーチバレイ」にていただきました
私と南森町の奥方は手打ち天ざるそば、相方は手打ち天麩羅そば
f0227396_15144773.jpg
そして、おむすび膳を三人で取り分けていただきました
f0227396_15181411.jpg
ご馳走さまでした

食後の運動がてらブラブラと歩いて(10分位)美術館棟へ  (電気カートによる送迎がありますが、、、)
ゆるい上り坂を少し歩くと見えて来たのがトンネルの入り口
f0227396_15261635.jpg
f0227396_16101992.jpg
f0227396_1612130.jpg
トンネルを出ると吊り橋です
f0227396_15345565.jpg
吊り橋を渡った先に美術館 広大な敷地です 30万坪あるそうです
f0227396_15394248.jpg

f0227396_15404482.jpg
「長沢芦雪 奇は新なり」をゆっくりと観、その他の常設展ものんびりと観ました
~6月5日まで開催中です 少し遠いですが興味のある方は是非
f0227396_15532578.jpg
喫茶室「パイン ビュウ」にて一休み 相方が食べた白玉あずき
f0227396_1643164.jpg
お疲れ様でした
by macshuji | 2011-05-16 18:25 | お出かけ | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.4

「TOBE AUBERGE RESORT HOTEL」の朝食です
f0227396_18455882.jpg
フレッシュなミックスジュース
f0227396_18474779.jpg
パン三種類とサラダ トマトが甘くてウマっ!
f0227396_18543464.jpg
地元愛媛ミカンのジュース
f0227396_1915860.jpg
かぼちゃのスープ
f0227396_18571953.jpg
スクランブルエッグ・ソーセージ・カリカリベーコン・季節野菜の炭火焼き
f0227396_1971695.jpg
愛媛みかん  さすが地元、とても美味しいです
f0227396_1911155.jpg
最後にコーヒー ちなみに白磁の器は(夕食の器も)すべて地元、砥部焼です
f0227396_19121245.jpg
ご馳走さまでした
朝食の後は早い目にチェックアウトを済ませて一路、広島県の宮島へ、、、

松山自動車道〜瀬戸内しまなみ海道〜山陽自動車道廿日市ICで降りて宮島口フェリーのりばへ
車を駐車場に預けて先ずはお昼ごはん、宮島名物あなごめしの調達 宮島で一番有名な「うえの」さん
f0227396_19434754.jpg
少し並びましたが、お弁当2つ買って厳島(宮島)行きのフェリーへ
f0227396_1947320.jpg
島に渡ってフェリーターミナル横の海が見える広場でお昼ごはん
f0227396_2003991.jpg
f0227396_2022553.jpg
相方はどちらかと言うとそんなに穴子は好きな方では無いのですが一口食べて、、、「美味しい!」
完食しました ご馳走さまでした

食事の後は厳島神社へ  つづく、、、
by macshuji | 2011-05-14 20:15 | 旅 宿 | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.3

「TOBE AUBERGE RESORT HOTEL」の夜ごはんです カウンター席です
f0227396_13524626.jpg
ブルゴーニュの白をボトルで
f0227396_14112311.jpg
左からトラフグのスモークよもぎソース・鱧みぞれ和え・渡り蟹とかに味噌
f0227396_1415572.jpg
車海老・鯛・ニシ貝・季節の野菜・蛸・平目の昆布〆 柑橘系の優しいソースです
f0227396_14232795.jpg
バゲット三種類とオリーブオイル(真ん中の黒い点はバルサミコソースです)
f0227396_1428010.jpg
鮑 紫芋のソース 
f0227396_14321782.jpg
鯛のソテーと長茄子 豆と長芋のソース
f0227396_1710857.jpg
口直しのブラッドオレンジのシャーベット
f0227396_1714492.jpg
愛媛伊予牛ステーキの炭火焼き 柔らかくて美味しいです 
f0227396_17173933.jpg
紅ほっぺ苺 練乳のエスプーマ
f0227396_1719135.jpg
最後にカフェとチョコレートケーキをbarでいただきました
f0227396_17243458.jpg
ご馳走さまでした!
で、部屋に帰って夜食のおにぎり
f0227396_17314692.jpg
つづく、、、
by macshuji | 2011-05-13 18:50 | 旅 宿 | Comments(0)

土佐堀「このは」

久しぶりの「このは」さんです  日本酒を冷やで、、
広島の山岡酒造(株)さんの辛口純米吟醸「瑞冠」山廃仕込(酒米「亀の尾」100%)  ラベルの絵が可愛いです
f0227396_14252175.jpg
ガラスの片口とぐい呑み
f0227396_1430113.jpg
コゴミ(屈)とアジの酢みそ和え  コゴミは多年生シダの一種、クサソテツ(草蘇鉄)の若芽で山菜の1つです
f0227396_14395031.jpg
浅利しんじょのお吸い物
f0227396_1450167.jpg
鰹と蛸のお造り
f0227396_14595529.jpg
山形の鯉川酒造(株)さんの辛口純米大吟醸「鯉ケ龍」(酒米「亀の尾」100%)
f0227396_15134734.jpg
最初にいただいた「瑞冠」と同じ酒米「亀の尾」は明治から大正、昭和初期にかけて、「神力」「愛国」と共に日本三大品種に数えられた酒米です  ともに華やいだ香りと柔らかな味わいで美味しいです
f0227396_16441773.jpg
油目のくず煮 そら豆と蕗
f0227396_17263482.jpg
川カニの唐揚げとちまき 菊菜のお浸し
f0227396_1732627.jpg
稚鮎のからすみ焼き
f0227396_1734070.jpg
お酒がすすみます(笑)
三重の中井仁平酒造場さんの辛口純米大吟醸「三重錦」中取り 山田錦50%
f0227396_17445721.jpg
ユニークなラベルはお酒が造られて行く日々の温度や日本酒度を記載していく経過簿だそうです
f0227396_1812912.jpg

桜えびとこしあぶらの天麩羅
f0227396_17551365.jpg
あと、行者にんにくとあまご、さつま芋の天麩羅も、、、写真撮り忘れです (汗)

〆の豆ごはん
f0227396_1823197.jpg
f0227396_183270.jpg
f0227396_1833976.jpg
うすい豆の餡の羊羹とお干菓子
f0227396_1874219.jpg
f0227396_1882134.jpg
ご馳走さまでした!
f0227396_18101923.jpg

by macshuji | 2011-05-11 18:19 | 和食 | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.2

一日目のお宿は伊予郡砥部町にある「TOBE AUBERGE RESORT HOTEL」
f0227396_11232136.jpg
レストラン棟のbarでウエルカムドリンクをいただきながらのチェックイン
f0227396_17461234.jpg

少し甘めのスパークリングワインです  旅で疲れた体にはホッとする甘さで美味しいです
f0227396_12052.jpg
宿泊棟です  ヴィラタイプで10室と離れが2棟あります
f0227396_16192278.jpg
二階の部屋です
f0227396_16245271.jpg
f0227396_1650182.jpg
ソファの前は通谷池に面したベランダで格子の向こうはトイレ・洗面・バスルームです
f0227396_16515959.jpg
池の対岸に人工哺育で育てられたホッキョクグマ「ピース」で有名な「とべ動物園」があります
f0227396_17382793.jpg
f0227396_17394162.jpg
f0227396_17402557.jpg
次は夕食です つづく、、、
by macshuji | 2011-05-10 18:24 | 旅 宿 | Comments(0)

愛媛〜広島の旅Vol.1

ゴールデンウィークの連休中に「愛媛〜広島3日間の旅」へ、、、
8:45AM出発、一日目の愛媛県松山を目指して阪神高速池田線から中国自動車道〜山陽自動車道〜瀬戸中央自動車道〜
と渋滞も無くスムーズに車を走らせて、少し早い目の昼食を瀬戸中央自動車道与島PAにて

展望台からの一枚  瀬戸大橋の先に見えるのは香川県の坂出です
f0227396_1423643.jpg
再び瀬戸中央自動車道〜高松自動車道〜松山自動車道松山ICで降りるまでまったく渋滞につかまる事無く快適なドライブでした

松山城  (建造物21棟は国の重要文化財)
f0227396_15265713.jpg
松山市の中心にある勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築いた四国最大の城です
松山城は国内に12カ所だけ現存する、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の1つで門櫓・堀を多数備え
狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた日本一の連立式天守を構えた平山城と言われています

松山城をぐるっと一周、いろんな角度から、、、
f0227396_16193398.jpg
司馬遼太郎原作のNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第一部の冒頭シーンで3人(好古・真之・子規)が写真撮影するのがこの辺り
f0227396_16232559.jpg
f0227396_16245481.jpg
f0227396_1626584.jpg
f0227396_16294815.jpg
戸無門の屋根(手前)と太鼓櫓  その奥に松山城
f0227396_16401079.jpg
私は城マニアではありませんが松山市内を一望する高台(勝山)にそびえ立つ松山城は圧倒的な存在感が在りました!
f0227396_171457.jpg
松山城を後に本日宿泊するお宿のある砥部町へ  つづく、、、
by macshuji | 2011-05-09 18:21 | 旅 宿 | Comments(0)